奇跡

癒しの奇跡

神は本当にいるのだろうか?

天国は本当にあるのだろうか?

悪いことが次から次へと起きる時、癌が進行していく時、こんな疑問に信仰が揺るぐ時がある。

そんな時、過去を振り返り、神が私の人生に介入してくださった時のことを思い出す。

危うい事故や障害から息子たちが守られ成長したこと

神の技を目撃する場となった臓器移植支援を与えられたこと。

私の信仰を笑っていた両親が晩年クリスチャンに導かれたこと。

健康保険を癌になる前に変更できたこと。

神はいると感じさせる経験は、まだまだ多数あるけれど、もう20年近く前、一生薬を飲み続けなければならないと言われた甲状腺低下症が、癒しの祈りによって完治した時の経験は、身をもって体験した奇跡だった。

聖霊が触れた

当時、私たち家族は小さな日本人の教会に通っていた。

そこに、東京から癒しの祈りができるという牧師がやってきた。

「癒しが必要な方はどうぞ前にいらしてください。」

そう言う彼の呼びかけに応じて、彼の前に立った。

牧師は私の両肩に手を置いて、彼の祈りに合わせ、心の中で、自分でも祈ってほしいと言い、私は、目を閉じ、甲状腺低下症がなおりますようにと祈った。

すると、頭から何か温かいものが注がれたような感触を覚え、その感触は体中を通って足のつま先まで走った。

同時に、体がポカポカと暖かくなり、体中の筋肉がリラックスして、立っていられなくなり、私は後ろに立っていた人の腕の中に倒れこんで、そのまま床に仰向けに横たわった。

暖かい、なんとも言えない心地よい感触は2−3分ほど続き、そして何事もなかったかのように消え去った。

それから数週間ほどして、医者を訪れると、「血液検査の値が全て正常になっている。何があったのですか?」と驚かれた。

考えつくことといったら、あの癒しの祈りしかない。

そう答えると、「世の中、時々そう言う事があるのですよね。」というようなことをおっしゃり、念のためにまた来月検査を受けるように言われた。

そして、翌月の検査も正常値で、もう薬はいらないと、完治宣言を受けた。

聖書には、癒しの油が注がれる話、聖霊が弟子たちに降りる話がのっているけれど、私はまさに、それと同じ体験をしたのではないかと思っている。

癌告知を受けた時、実は再度この癒しの祈りに預かりたいと、この牧師を探した。

やっと見つけた牧師は、今も現役で仕事をされているようであったけれど、残念ながら、私の出したメールに返事はいただけなかった。

「私の恵みはあなたの上に十分である。(あなたはもう充分恵みを受けとっているではないか。)」ーー(第二コリント12:9)

そう神はおっしゃっているのだと思い、それ以上求めることを諦めた。

でも、神を疑いたくなる時、あの時の体験が、他の奇跡と共に、私を確信へと引き戻してくれる。

ここまで書いてきたら、あの時のことがまた鮮明に思いだされ、今、神をとても近くに感じ、まるで抱かれているような気がしてきた。
嬉し涙が溢れてきて、文字がにじんで見えない。

感動した奇跡の話

「助けがくるのを待っている間、人のために何かをしなさい。」というのは先日の聖書クラスで学んだことだったけれど、その模範とも思える話に出会った。

88歳の友を訪問した帰り、「これ、読んでごらんなさい。元気がでるから。」と言われて受けとった小雑誌「希望と勇気が湧く実話集」の中の一話で「再生」という話。

再生

第四期頭頚部癌と告知された55歳男性

Greg

配管工事や、屋根の修理、絶縁処理、家具の修理等の職歴を持つグレッグさんは、抗がん剤療法を3クール、放射線療法を40クール続けたところで、もう体がもたないから、これ以上の放射線療法は無理と言われた。

副作用を避けるために歯を抜いた。物を飲み込むことができず、管を通して栄養を取っていた。食欲はなく、体重は落ち、疲労感、頭痛に悩まされていた。

「これから事態がさらに深刻になったらどうしよう?」「自分に残された時間はどれほどなのか?」と、独り身の彼は落ち込まずにいられなかった。

気分転換に愛犬と散歩に出たある日、廃屋となった教会の前の階段にこしかけ、祈った。

「主よ、私の命がもう長くないのなら、この世を去る前に何かあなたのためにしたい。」

祈り終わって、そこを立ち去ろうとしたとき、彼は神が「この教会を修復しなさい。」と言ったように感じた。

教会の荒廃状態はひどく、「直すのには何年もかかるだろう。恐らくそんな時間は自分には残されていない。」
そう思いながらも、心に感じた神の声を無視することができず、教会の管理人を調べて電話。

「教会を直したい。謝礼は期待していない。主に奉仕したいだけだから。」と伝えていた。

一日、一日を神のために

その翌日から、先のことは考えず、ただ、その日、その日の目標をたて、グレッグさんは修理に取りかかった。

回りの人たちは心配して言った。

「自分のことは大丈夫?」「健康が第一よ。」

すると、彼の答えは意外だった。

「少しずつきれいになっていく教会を見ていると、毎朝、やる気と共に目が醒める。」

「食欲がもどり、仕事の合間に賛美歌を歌ったり、祈ったりしていると、決して一人だという気がしない。」

一日づつ、一週間づつ、一月づつ、と、修理を続けながら、いつの間にか5年が過ぎ、教会はすっかり見違えるようになった。

そして、なんと、彼の体も、蘇った教会のように、癌が小さくなり、今、彼は寛解を続けている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話を読み終え、グレッグさんが、「残されている時間が少ないなら、神のために何かしたい。」と考えたことに、ひどく勇気づけられた。

奇跡は、誰にでも起きることじゃないから奇跡と呼ぶ。同じ奇跡が自分にも起きる等とは思わないけれど、やっぱり一杯希望が湧いてきた。

この小雑誌をくれた88歳の彼女に感謝。そして、神様はいつだって素晴らしい!と感激。

4期トリプルネガティブから生還した女性

その人の名前はWendie den Brokさん。
2005年、36歳でトリプルネガティブ乳ガンの告知を受けた。
ちょうど、医学部に入学が決まったときだった。

医学部での厳しい勉強を続けながら、手術、放射線療法、抗がん剤と全ての治療をした。でも、1年もしないうちに癌が転移再発。
彼女に与えられた選択肢は限られ、癌はさらに進行していった。
彼女の医師は、最後の手として、乳ガンの抗がん剤としてはあまり使われていない2薬剤を勧めた。

この2剤をトリネガに使った研究は少なく、効果が期待できる確率は少なかったものの、なんと、この2剤がWendieさんを救った。

普通4期の癌は、完治は不可能で、特にトリプルネガティブは予後が悪いとされている。
大勢の人が苦戦する中、なぜWendieさんの癌が消えたのか、説明できる医師はいなかった。
でも、今、腫瘍科医となって活躍するWendieさんは、癌は同じ乳ガンであっても、人それぞれ違う病気と認識すべきなので、患者一人一人にあった治療を見つけていかなければならないと言う。
Windieさんはまさに、その、彼女にあった薬と出会ったということなのだろう。

副作用に耐え、余命は短いと言われながらも医師になる快挙を果たした彼女は、
「告知や先の見通しがどんなであれ、いつも足を前に踏み出し、前進していかなきゃいけない。」
とも言っている。

不可能という言葉を見事に翻してガンを克服したことはもちろんのこと、ガンの脅威に負けず、希望を持ち続け、目標に向かって前進し続けた彼女に、勇気を震い起こされ、感謝!

夢のバケーション

時間が経つのはなんて速いんだろう。
ハワイに到着してもう半分が過ぎてしまった。
来る直前まではっきりしなかった体調は、抗生物質のおかげか、信じられないくらい回復、あんなに途切れることなく続いていた咳も全く少なくなった。
ハワイ到着初日は、ホノルル市に住むバーチュアル乳癌コミュニティーで知り合った日系三世の友を訪ねた。

彼女の癌は、ホルモン陽性、HER2陽性で、全身に転移しながらも、告知の1990年からは26年、転移再発した1997年からは19年目を迎えている。
共通する悩み、不安、ストレスはもちろんのこと、その合間に見つける息抜きの時間等、用意してくださった沢山の料理を食べながら、時に笑いこけながら、楽しく過ごした。
彼女とこの世での再会があるかどうかは分からない。でも、会えたことで、メールをしている時よる何倍も親しくなれたように思え、感謝した。

ハワイ2日目の翌日は、いよいよマウイ島へ移動。夜には息子たちも到着した。

 

image念願の海亀を見、巨大な何千種類もの大木と、色鮮やかな花と、幾つもの滝があるジャングルの中をドライブし、沖まで泳いでスノーケリングもできた!

image

image

スノーケリングを楽しんだ宿裏庭先の海

厳しい現実から離れ、癌患者であることを忘れているこの一時は、本当のバケーションだと、心から感謝を捧げている。

 

余命2週間から回復された奇跡

最近癌友になった方が、喜びにあふれて教えてくださった。

同じ教会に、もう長年癌闘病を続け、皆で祈っていた方がいらした。癌友の彼女が6月日本に行く前、いよいよ余命2週間で、これからはホスピスという話を聞いたそうだ。ところが日本から戻ってきた8月、教会に行くと、この方が、短パン姿で目を輝かせて、歩行器も杖もつかずに現れたのだそうだ。

「長年の闘病でもう薬も使い果たし、抗がん剤は一切使っていなかったそうです。なのに、血液検査の数値は全て正常に戻り、肺が見えるほどに空いていた穴は皮膚が盛り上がってきて塞がったんだそうです。祈りの力ってすごいですね!」
と話してくださった。

聖書には イエスを信じる者が集まってイエスの名を通し共に祈ったらならば、神さまはその祈りを聞いてくださる(マタイ18:19)とあるけれど、大勢の方の祈りが奇跡を起こしたんだと思った。

奇跡の話は時々聞く。私自身も体験したことがあるけれど、こうして身近で起きると、やっぱり元気の沸き方が違う。

最後まで祈りをあきらめちゃいけない。

たとえ自分の願いが叶わなくても、脇目をふらず、最後まで祈り続け、神様を信頼し、ついていかなきゃと思った。