第三回ワクチンは延期

息切れが日ごとに悪化して、地元の腫瘍科医から、肺の水は抜くほどじゃないと言われたものの、無事ベセスダまでたどり着けるか心配になって、NCIの医師と、地元の腫瘍科医に、メールした。

水を抜く必要がなければ、酸素ボンベ携帯を勧めるNCIの医師と、そこまで必要ないという腫瘍科医が話し合い、レントゲンをとって判断することになった。

すぐに結果が届くはずが、半日待っても何の連絡もない。

一方、シャワーの後、消耗が激しいのはいつものことながら、今朝は、いつも以上に息ができなくて、酸素レベルを測ったところ、わずか72(水準は93以上)しかなく、ベットに横になって、息が楽になった後も、タンスを開け閉めして、服をだしていると、またしてもすぐにハアハアしてきて、この時も酸素レベルは72だった。

足が重く、力がでなくて、家の中を移動するのもしんどく、病院に行ったら、レントゲンの結果も聞けるだろうと、次男の運転で病院へ行くことを決めた。

医師と会う前の検査で、酸素レベルを測ると、88。すぐに酸素吸入と車椅子が用意され、診察室へ。

前日とったレントゲンの結果を聞くと、水は少ないけど、炎症または肺炎を起こしている可能性があると、入院を言い渡された。

肺炎と聞いて、熱もないのにウソ!と思ったけど、よく考えたら、症状は急激に悪化してきたし、酷い咳をしながら、4月にやった肺炎を思い出していたのも確か。

NCIの医師に電話すると、「そんなんじゃ、ここまでたどり着かない。」と、来週予定されていた第三回目のワクチンはクリスマス後まで延期。

癌が大きくなると、肺炎を起こすことはよくあるのだそうだ。

恐らく数日の入院だとおもうけど、酸素吸入を受けて、呼吸はすっかり楽になり、寒波の中旅をする必要もなくなってホットしている。

2 thoughts on “第三回ワクチンは延期

  1. お加減 いかがですか?
    カナリーに着いて メール繋げてみてびっくり。。
    肺炎なんて。。
    でも 延期できてよかったです。
    わざわざ 寒くて混んでいるところにいかなくてすんで。
    体調整えて 次回ですね。
    祈っています。

  2. 今回はきっとお休みしてくださいと言われてる気がします。
    和世さん、どうかゆっくり体を休めて安静にして呼吸を整えて次のエネルギー繋げて下さい。
    ゆったりとゆったりと・・過ごされることを祈っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *