ワクチン審査予約表到着

朝7時過ぎ、3時間早いベセスダから電話が入った。もちろん電話主は国立ガン研究所。私の審査の予定が決まったからこれからメールをするけれど、メールにさらに含めて欲しいものはないか?と、コーディネーターから親切な電話だった。

まだベットの中だった私は、電話を切るなりベットから飛び出し、すぐにコンピューターを覗いた。
あった!17日から始まる審査の予約表が届いていた。

17日 6:30 am  血液検査
   8:20 am  首から下のCTスキャンと心電図
   11:30 am ワクチン研究医師と対面、身体検査

18日 2:00 pm  心エコー

19日 8:00 am  骨シンチ
   審査結果でワクチン治験参加が決まった場合、
   医師と再面会
   会計係と経費補助について面談

20日  6:00 am 樹状細胞採取のためのカテーテル挿入
    7:30 am 血液に含まれた樹状細胞採取
       (所用時間は採取後の経過観測も含めて6−7時間)

予定を確認後、フライト、ホテル、レンタカーの予約をした。

主治医にも、審査1週間前から抗がん剤停止を言い渡されているので、来週からの点滴は審査結果がわかるまでキャンセルして欲しいとメール。今週はちょうど、点滴お休みの週なので、治験参加が決まれば、このままワクチンの結果が出る来年春まで点滴はなしということになる。

これで、後はベテスダ出発の日を待つばかりなのだけれど、レンタカーの予約電話中、急に地震でも体験しているように、周りがクラクラ揺れるおかしな体験をした。10秒かそこらの短い時間だったと思う。以前にも2−3回、やはり電話中、フラっと一瞬揺れるように感じたことがあったけれど、今回は明らかに揺れたというか、回った。

17日からの審査に脳のMRIはまだ含まれていないけれど、まさか、脳転移ではないだろうな?と、不安がよぎった。脳転移があると、ワクチンは受けられない。

8月から再び出始めた咳も、最近、会話が難しいくらい酷くなっていて、これも審査に影響しなければ良いけれどと思っている。

ハワイ旅行と同じ。無事予定通り飛び立って、審査を受けられるか、その日まで油断ならない。
祈りはまだまだ続く。

2 thoughts on “ワクチン審査予約表到着

  1. 和世さん
    おめでとうございます🎈🎊

    とうとうこの日が きましたね よかった!

    くらっとくるのって 嬉しいことがあったからでは?
    大丈夫 神様が そばにいて 和世さんのこと 守ってくださいます💓

    今 チューリヒ行きの飛行機の中です。戻ったらまた書きますね!

  2. Eさん、
    飛行機の中から早速のコメントありがとうございました! 4ヶ月待って、やっと治験の入り口が見えてきました。次の目標は、無事予定通り、審査を受けることです。ワクチンを受けるまでまだいくつものハードルがありますが、一歩づつですね。神様の導きを信じて前進するのみです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *