返事が来た

月、火、と待って、水曜日の今日、もう1日待つべきかとも思ったけれど、もし忘れられていたら、今週も半分過ぎることになるから、と考え直し、国立癌研究所に主治医のオフィスが先週金曜日に送ってくれたはずのファックスが届いたかどうか、確認を求めるメールを出した。
返事をくれない例の難しい治験スペシャル看護婦さんは避けて、患者コーディネーターに尋ねてみた。
そしたら、1時間ほどして、返事が来た。
ファックスを受け取ったので、これから身体審査の予約を入れる。週末までに返事をするけれど、10/17の週はどうか?とあった。

ワーイ!\(^o^)/ いよいよベセスダに行く見通しが立ってきた!

「10/17の週で、大丈夫です。」と返事を出した後は、まだ日程もはっきりしていないのに、フライトやホテル探しを開始。 

治験参加が決まったわけじゃなく、審査が受けられるという段階で、落とされる可能性もなくはない。
審査で受けるCTスキャンはどんな映像を映し出すだろう。癌がいっぱい大きく成長してるだろうか?
受かって、いよいよ治験参加となったら、樹状細胞採取は4時間ぐらいかかるらしいけれど、どう身体は反応するだろう?
それから作られるワクチンを接種する時はどうだろう?
これからたくさん撮ることになるCTスキャンの影響は?
そして、主治医は信じていない、何より肝心な効果はどうだろう? 

命を賭けた大冒険がいよいよ始まるわけだけど、今はまだ、初めて訪れるメリーランド州に心を馳せ、旅行気分。

One thought on “返事が来た

  1. おおお おめでとうございます!
    ベセスダへの道!

    長がったけれど 光が 見えましたね!
    今後スムーズに行って 早く飛行機に乗れますように!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *