余命2週間から回復された奇跡

最近癌友になった方が、喜びにあふれて教えてくださった。

同じ教会に、もう長年癌闘病を続け、皆で祈っていた方がいらした。癌友の彼女が6月日本に行く前、いよいよ余命2週間で、これからはホスピスという話を聞いたそうだ。ところが日本から戻ってきた8月、教会に行くと、この方が、短パン姿で目を輝かせて、歩行器も杖もつかずに現れたのだそうだ。

「長年の闘病でもう薬も使い果たし、抗がん剤は一切使っていなかったそうです。なのに、血液検査の数値は全て正常に戻り、肺が見えるほどに空いていた穴は皮膚が盛り上がってきて塞がったんだそうです。祈りの力ってすごいですね!」
と話してくださった。

聖書には イエスを信じる者が集まってイエスの名を通し共に祈ったらならば、神さまはその祈りを聞いてくださる(マタイ18:19)とあるけれど、大勢の方の祈りが奇跡を起こしたんだと思った。

奇跡の話は時々聞く。私自身も体験したことがあるけれど、こうして身近で起きると、やっぱり元気の沸き方が違う。

最後まで祈りをあきらめちゃいけない。

たとえ自分の願いが叶わなくても、脇目をふらず、最後まで祈り続け、神様を信頼し、ついていかなきゃと思った。

2 thoughts on “余命2週間から回復された奇跡

  1. またしても 私にとって とてもいいタイミングでの お話でした❤️
    こういう希望のある話を 聞かせてもらえると 元気がでます。

    私の友人の知り合いも7年 あらゆる 治療をしていて とうとう 治療法がなくなった時、
    ずっと 治療のせいで できなかった 日本舞踊を 再びはじめ、 楽しくて仕方ないのと
    検査に行っても 悪い結果しかみれないのだから、って検査にもいかなかったそうです。
    余命 6ヶ月も過ぎて 1年ほど経った頃 検査に行ったら 肺いっぱいに広がっていた ガンが
    小さなしこりを残すのみになり、その小さな部分さえ、活動を止めていたのですって。

    友人に聞くと、その方は 今もとても お元気だそうです。

    彼女は キリスト信者では ありませんが こういう奇跡って起こるんですね〜
    でも 私は 神様と一緒でないと そんなに強くなれない。

    どんなことがあっても 心を強く持ってられるよう 神様にお祈りしています。

    今 ブライトン 海のそばです〜

  2. Eさん、
    旅行先からコメントありがとうございます! すごい話をまた一つ聞けて元気もらってます!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *