悪い報せ

昨日、ブログを更新した直後だった。病院からメールが入り、CTスキャンの結果を知らされた。

肺の癌が、12月に比べ、数もサイズも一気に増大。

医師から良い結果は期待できないと言われ、ある程度の覚悟はしていたけれど、こんなに悪い結果は初めて。

昨年、T−DM1を止めて、今の薬に変更するまで5週間ほど無治療の期間があったけれど、今回の進行度はその時の進行具合をはるかに上回る。

聞かされたのは要約だけだったので、果たして他の臓器への転移が見つかったかどうかはまだ確認していない。

肺炎の診断を受けた時、肺炎と癌との区別がつきにくいから、スキャンは3−4週間後と言われた。ハワイに行く直前まで調子が悪くて、抗生物質を続けて出してもらい、やっとそれを飲み終えたところだけれど、それを思うと、もしかして、その肺炎の影響がまだスキャンにも出ているということもあるかもしれない。

冷静にと自分に言いつつも、抗がん剤変更は間違いない。

昨年から進行を止められず、スキャンの度に大きく広がっている癌。これは6年間、ずっと頼りの綱で使い続けているハーセプチンがいよいよ効かなくなった、ということなのかも、と思え、そうなると、ハーセプチンが含まれるスレイマン先生の推薦案も、様々な治験も効果が期待できないように思え、もう何を使ったら良いのか、まるで見当がつかなくなる。

腫瘍科医との次の予約は来週火曜日。何か良い案が出てくると良いのだけれど。困った。
神様の導きをまた祈るしかない。

3 thoughts on “悪い報せ

  1. そうでしたか。。悪いことが
    起こった時って 全て 悪い方向に考えてしまうけれど。。
    絶対 なにか 解決法は あるはずです!
    私も 神さまに祈ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *