ついに飛行機の中!

時計を横目で見ながら慌しく搭乗後、「神様、ありがとう!」と、何度も感謝した。

昨日の午後4時頃までハワイ行きは依然はっきりしないまま,私はまた病院にいた。

医師に、翌日からハワイに行く予定なのだけれど、肺炎治療後、金曜日に抗がん剤点滴をしたら、また調子が悪くなり、未だに元気は60-70%と伝えた。

医師は聴診器を背中から右側と左側を何度も代わり番こにあてて、右側の空気の流れが左より弱いとおっしゃる。

「レントゲンと血液検査を受け、また戻って来てください。」

そう言われ、「右側の空気の流れが弱い」と言う言葉を気にしながら、検査を済ませて、再び外来の待合室に戻った。

1時間、2時間が経っても、一向に名前を呼ばれない。

ヒューヒュー言う咳、金曜日頃から時々感じるズキンとする胸の痛み。

気になる医師の言葉の上に、そんなことをさらに考えると、レントゲンはどんな映像を捉えただろうと、悪い想像をする。

ここまできて、また入院なんて言われたらどうしよう。

待ち時間が長くなればなるほど、落ち着かなくなり、結果が怖くなり、ハワイキャンセルを考えると泣きたくなり、「神様、怖いよ~。」と、また祈った。

やっと、名前を呼ばれて、言われたことは、

レントゲンは、2週間前と変化がなかった。依然ある前回突然画像に現れた2.7cmの陰は肺炎かもしれないし、癌かもしれない。でも、ハワイはいっても良い。海に入っても良い!

と言うわけで、ハワイ行きはこの時点で、やっと確実となり、始めて楽しくなった。

夜、聖書クラスに行くと、数人の女友達がフラダンスの衣装を来て集まり、私達のハワイ行きを歓迎してくれた。

一月以上に及ぶ、体調不調を思うと、ハワイ旅行実現は夢のよう!
これもまた神様がくださった奇跡と思える。

ハワイ旅行が少しでも快適なものとなるようにと、ありとあらゆる準備をしてくれた友、何日も私の回復を祈り続けてくれた友達にひたすら感謝!

ホント、神様はいつだって素晴らしい!

2 thoughts on “ついに飛行機の中!

  1.  祝 和世さん、おめでとうございます 笑

    熱が下がった!!あたりから、私もドキドキしてましたよぉ。私もその気持ちわかるから。
    最後には、ああ、神様なんとかして、もうこんなに心が乱されるのはごめんです、と神様に
    嘆いてみたりして。。でも私の場合も、ほとんどがなんとかなりました。危機一髪、っていうのもあったけれど。うちは主人がカナダ人で、仕事上、カナダには全然住めず、世界あちこちをサーカスのように 笑
    渡り歩いていますが、(ちなみにドイツの前は、ケニヤ。。そして私の病気はそこで発症。。。ケニヤで癌だなんて、考えただけでも怖いでしょ。はい、怖かったです 笑)
    カナダに帰省するときも、治療の副作用やら、手術やら、何度ドキドキしてきたことか。。。
    でも、神様はいつも守ってくださいました!
    和世さん、ご家族のハワイ旅行も楽しいものになりますように。
    たくさんの太陽と、お花の香りいっぱいの土地で、体調がすごく良くなると信じています。

  2. Eさん、
    お祈りを本当にありがとうございました!こちらに着いてから、前日までの不調が嘘のように調子が良いです。十年ぶり(?)にスノーケリングをした時は、溺れないだろうかと、不安でしたが、セイフガードベストを着て、サーフィンボードにも捕まり100mほど沖まで泳ぎました。病み上がりで、肺転移をしていることを考えたら上出来でした。
    Eさんもケニヤで発病、言葉の違う環境中で治療を受けていらっしゃって、通り抜けなければならない試練の重さをお察しいたします。イエス様に共にしがみついて、最後まで頑張りましょう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *