血小板が驚きの回復!

点滴の日、コンピューターから私のデーターを開く看護婦に、気になる血小板の値を真っ先に尋ねた。

アフィ二トールを始めてから、確実に下降しはじめた血小板の値は、2週間前には標準値ギリギリの136(x1000mg)まで下がった。

メールで送られてくる血液検査の結果に血小板の値が含まれず、先週リクエストしたのに、相変わらず血小板の値は知らされずじまいで、昨日はイライラ落ち着かなかった。

すると、「265です。」という意外な答えが返ってきた。

「265!?」思わず聞き返す。

「前回は136でした。間違いないですか?」

「間違いありません。ドクターはアフィ二トールを増やすようにと言ってます。」

信じられない!

口内炎もできなくなって、体が慣れてきたのかなと思っていたけど、血小板の値まで回復するなんて、何が起きたんだろう? 何も特別なことはしてないはずだけど。そう言えば、血糖値の値も改善していた。

やっぱりこれは祈りのせいだな。

アフィニトールを増やしたら、口内炎がまたできるかもしれない、とか、血小板減少、肝臓酵素、コレステロールや血糖値上昇等、副作用悪化への警戒は依然変わらずあるけれど、今夜からアフィ二トールは5mgから7.5mgになる。前進だ。

いつも守ってくださる主に感謝!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *