感謝一杯の感謝祭

雨の予報を裏切って、晴天のお天気。
いつもより早起きをし、朝7時、6キロの七面鳥をオーブンに入れた。

Turkey before

オーブンに入れる寸前の七面鳥

夏には、癌が成長しているにもかかわらず、もう何をしてよいかわからないと言われ、先の見通しが何もたたなくなったのに、こうしてまた七面鳥を焼けて感謝、感謝、感謝!

Turkey after

5時間後の七面鳥

Geo

本に相手の名前と自分の名前をサインするジョージ

感謝祭に先立ち、ジョージは初出版した本のサイン会を2度も開いた。

IMG_5503

友達が作てくれたテーブルセンターピース。お客様に座っていただくいくつものテーブル全てにこんな素敵なお花のアレンジメントが飾られた。

アマゾンでは、本が出版されて1週間ほどで在庫がなくなるというほど出だしがよく、サイン会には大勢の人たちが集まってくださり、150冊ほどが売れた。集まってくださった方々はもちろんのこと、彼らをもてなすためにクッキーやつまみを一週間も前から準備してくださった友達、音楽の演奏をしてくださった友達と長男、そして82歳になるのに片道1時間半のドライブをして、サイン会では次男とダンスを披露し、今日は皿洗いを一挙にひきうけてくれた義母に感謝。
あれもこれも、ジョージが軸になって生まれてる喜びと、彼にも感謝。
そして、私の不安を吹き飛ばしてこんなにも嬉しい時を与えてくださる主に深く感謝。

family photo

2 thoughts on “感謝一杯の感謝祭

  1. 五時間後の七面鳥、焦げ目がばっちりでとてもおいしそう。
    温かな家族に囲まれて和世さんは幸せ者だと思うよ。
    家族の皆さんはあなたに感謝してほしくって集まってくれたわけでなく
    あなたに楽しんでもらいたいと思っているだけだと思うの。
    和世さん、
    「私が一番、楽しかったよ。
    みんな美味しいと言ってくれた。美味しいお料理をみんなで食べられてとても幸せを感じたよ。。
    ほんと、私は幸せを実感したよ。あ~~、いい一日だった」

    って言ってくれると私はうれしいなあ~~~~

  2. 七面鳥はちょっと焦がし過ぎました。;-(
    感謝祭はお料理の席に着いたら、いただく前に、一人一人、今年感謝する出来事を述べ合い、そして揃って感謝の祈りを捧げるのが我が家の恒例行事です。息子たちが成長してからは、感謝祭の準備も片付けも皆が協力してくれて、キッチンは賑やかで、楽しく、これも感謝の一つです。義父はもういなくなってしまったけれど、家族一同また今年も元気に集まることができて、本当、幸せを感じたひと時でした。それを心から神に感謝しました!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *