October 18th, 2015

告知から6回目誕生日

前日が点滴日だったので、体調は今一つだったけれど、昨日の土曜日、ガン闘病がはじまってから6回目の一足早い誕生日を、ジョージはもちろんのこと、息子たちや義母とも一緒に祝った。

サンフランシスコから飛んできた次男も風邪をひいていて、私と次男が二つあるソファーを占領して横になっていると、残りの家族がテーブルにのらないほどのランチを用意してくれ、ランチの後は、皆で一緒に映画を見た。

見た映画はトムハンクス主演の「ターミナル」(2004年作)。亡き父の夢を果たすためニューヨークにたどり着いたのに、自分の国にクーデターが起きて、パスポートが無効。入国、出国も許されず、言葉も通じないまま、空港で寝起きしなければならなくなった外国男性の話。
映画の最後で、念願の入国を果たすことが可能になったのに、出国しなければ、空港で生活しているうちに作った友達はクビになり、そのうちの一人は強制送還されると空港管理職者に脅かされ、男は、友のために入国を断念する。理由を知らない友から、「せっかく入国できるようになったのに、なぜ帰国する?意気地なし!」と罵声を浴びながらも、黙ってターミナルに向かうトムハンクスの姿がイエスと重なって胸に響いた。

ソファーに横になっての誕生日はちょっぴり残念だったけれど、また一つ、家族と一緒に誕生日を祝えて感謝!

61になるわけだけど、私のこの癌ブログが世界30ヶ国からアクセスされていることを知り、神はまだ私を用いてくださっていると、強く勇気づけられた。先は全く読めないけれど、来年もまた実りをつけて、愛する家族と誕生日を迎えられたらいいな。
そう神に祈っている。