祈り

時計はまだ朝の3時ちょっと前を示していたけれど、頭がどうにも冴えてしまっているので、起きることにした。
土曜日朝、ジョージと久しぶりにビーチを散歩したら、わずか30分ほどだったのに、すっかり疲れてしまって、家に戻ってきてから午後はずっと昼寝をしてしまった。
早く目が覚めてしまったのはそのせいだったかもしれない。
でも、アブラキサンとハーセプチン2週目の今回は初回であった先週末に比べ、熱もないし、食欲もあるし、散歩もできたんだから感謝、感謝。

起きてメールを開けると、参加しているネット上乳癌コミュニティーからのメールを見つけた。
「肝臓に転移した癌が成長して、一番大きいのは7.5cm、その他にも3cm以上のものが20個ちかくある。どうしたらいいだろう?誰か母を助けて!」

手術は?放射線療法は?とか、頭に浮かんだけれど、私にアドバイスできそうなことは何もない。私の癌も将来こんな風に大きくなるのかもしれないと思いつつ、「癌って、止められない病気なんだ。」と、客観的に見ている自分がいる。

先週火曜日の聖書クラスで見に行った映画”War Room”は、とても心に響いたけれど、それは、祈ることの大切さを教える映画だった。

ただ、願い事のリストを列ね、最後に「アーメン」と付け加えるんじゃなくて、神が自分に何を求めておられるか、それに聞き従う用意ができたとき、初めて、本当に自分が願い求めている物が何なのかを知り、それを受け取るのだと、神との会話、祈りの場所であるクローゼットを”war room”と呼ぶ主人公の一人が語っていた。
ジョージは、他者の為に祈るときは、自分だったらこう祈って欲しいと思うように、祈るべきとも言っていた。

私にはアドバイスはできないけれど、祈ることはできる。

同じ病気で苦しんでいる人たちの涙、絶望感、恐怖、苦痛を取り除き、新しい治療の道を開いて、平安と希望を与えてくださいますようにと、祈ることはできる。

癌が小さくなって、大好きな人たちと少しでも長く一緒にいれるように、そして何よりも、神の約束を信じ、何が起きようとも揺るがない強い信仰が育つように!

2 thoughts on “祈り

  1. 先週に比べ、熱もなく食欲もあり、散歩もできるってことはほんとに嬉しいこと。
    良かった・・・。
    和世さんのブログはいつも心に響きます・・・。

  2. Izuさん、

    いつも応援ありがとうございます。熱はないと書きましたが、実は昨夜また発熱しました。今朝は正常に戻りましたが、今回の薬は副作用の影響が結構大きいです。
    それでも効果があると良いのですけどね。変わらぬ支援に感謝しています!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *