ゼローダ減量

今日は一月ぶりの腫瘍科外来日だった。

「日本は楽しかった?」という質問から始まって、行きに手足症候群の影響を心配して車椅子を使ったこと、涙と鼻水がやたら出ること、しびれ、麻痺等が絶えず気になる事等を話したら、今日からゼローダを減量するようにと言われた。

ゼローダは錠剤で、朝3錠、夜3錠取ってきた。これが今日から朝2錠、夜3錠になり、諸症状に変化がなかったら、さらに朝2錠、夜2錠に減らしてよいとのこと。

薬が減るのはいつだって大歓迎。

気になる効果の方だけど、これはこれからCTを取るよう、オーダーが出た。たぶん2−3日のうちに放射線科から予約のための電話があるはず。

それから診察台に横になって触診。

「しこりを見つけたとかはないですね。」と、聞かれ、「はい。」と答えたものの、正直、最近自分で触診してない。

医師が退室してから、気になって自分であちこち触ってみた。

リンパ節廓清、全摘をした左脇、左胸は触るとごつごつしていて、「もしかして、これしこり?」とか思ってしまうけど、しこりだとしたら、あまりにもたくさんあることになる。骨のような気もするし、なんだかわからない。

医師は何も言わなかったから、大丈夫でしょう、と思ったり、どっちみちCTすぐに取るのだから、今から心配しなくていいや、と思ったり。

いつものことだけど、癌が進行していたら、またドクタースレーマンのところに行って、セカンドを取り、薬を変える。

良い薬は全て使ってしまった私だから、薬を変えるとなっても、あまり選択肢がない。できることなら、できるだけ今のままで行きたいのだけれど、さあ、どうなるでしょう。

心配は、パンドラの箱と一緒。開けたら大変なことになるから、CTを取るまで触らないことにして、ゼローダ減量で副作用が軽減することにもっぱら期待をかけている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *