許す事

聖書の中で、イエスの弟子のペテロが自分に罪を負う者を何度許すべきか?7回か?と尋ねると、イエスが「否、70回の7倍だ。」と答える場面がある。

そしてイエスはその理由を次のたとえ話で説明した。

負債者のたとえ話(マタイ18:21−35)

何億円という返せない借金のために妻子供も含めて、身売りすることを言い渡された男が、貸方である王に土下座して頼んだ。

「どうか、もうしばらく待ってください。必ず借りたお金は返しますから。」

王は男に同情し、借金をご破算にして帰してやった。

しかし、男が家に帰る途中、今度は彼が何十万円かの金を貸している同僚に出会うと、彼はただちに金を返せと迫った。

「どうか、もうしばらく待ってください。必ず借りたお金は返しますから。」

同僚は懇願したが、男は許さず、この同僚を訴え、牢獄へと送った。

この話が王のところに届くと、王は怒って男を呼び戻した。

「私はおまえに慈悲を与え、借金を許したではないか。おまえが貸した金など、私から借りた金に比べたら比でもないのに、おまえも相手の借金を許すべきではなかったか?」

そして、この男は捕らえられ、全額返済するまで拷問を受けなければならなかった。

兄弟姉妹の罪を許せないものは、同じような罰を神から受ける。と、聖書は語っている。

言い換えると、神に背いた、死に値する人間の罪を、神はイエスの十字架によって許してくださった。だから、あなたがたも互いに許し合いなさい、と言っている。

神と一緒ならできる

人はとかく、自分のことは忘れて、人の難点はやたら目について許せないことがある。

私の大切な人を何度も傷つけたある人に、涙がでるほど怒りを感じて、悪夢にうなされ、夜目が覚めたことが何度もあった。

その人と会う度に聞く悪口に、ムカムカと怒りがこみ上げてきて、一人になった後でも、思い出しては怒鳴りたい衝動にかられることが今もある。

この人の良い部分に焦点をあてなければと思っても、黒い醜い部分が巨大になって、感謝の気持ちなど微塵も湧いてこない。

シャワーを浴びながら祈った。

「神様、許せない私の罪をどうぞお許し下さい。私の憎しみと怒りをどうぞ洗い流してください。私を許せる人間へと、清くしてください。」

祈り始めると、上の聖書の話が思い出された。

「私だって、鈍感にもたくさんの人を傷つけ、泣かせてきた。許しをこわなきゃならない人が私こそいるのに、イエス様は私の罪も、あの人の罪も十字架にかかって償ってくださった。」

そう考えているうち、爆発しそうなくらい硬くなっていた気持ちが和らいできた。

「XXの心も欲やねたみから解放されますように。清く洗い流されますように。」

私の口が開いて、私も相手を傷つけてしまう前に、新たな祈りができた。

「私(イエス)はぶどうの木。あなたは枝。あなたが私に留まり、私もあなたに留まるならば、あなたはたくさんの実をつけます。でも、私から離れたら何もできません。(ヨハネの福音書15:5)」

まさにその通りだと思った。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *