そしてまた静かになった

Twelve Days of Christmas (クリスマスの12日間)という歌があるけれど、クリスマスは、イエスの生誕日となっている12月25日から12日間お祝いするのが古い習慣なのだそう。
ジョージが子供の時は、クリスマスツリーが飾られるのはクリスマスイブの夜、彼が寝静まってからで、クリスマスの朝目を醒すと、美しいクリスマスツリーとたくさんのプレゼントが待っていた!という習慣だったそうだ。
イギリス出身の友達スーザンも、イギリスでは今もその習慣が残っていて、彼女の家でもクリスマスツリーはお正月明けまで飾っていると言っていた。
でも、我が家ではサンフランシスコに引っ越し、里帰りしていた次男夫婦が去ったのをきっかけに、クリスマスから2日後の今日、全てのクリスマスの飾りつけを片付けた。
そしたら家の中はまたジョージと二人、静かになり、殺風景になって、なんだか寂しい。
来週もまだいろいろ集まりは続き、お正月には長男のところに行くことになっているんだけど、静けさの中に時の移り変わりを感じている。
人生は確かに新しいページへと移っているけれど、来年も神様がたくさんの祝福を私たち家族のために用意していてくださると期待し、神様の私たちへの計画を楽しみに待つことにする。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *