安楽死を選んだ脳癌女性のこと

11月1日、安楽死を合法とするオレゴン州で、余命6ヶ月と宣告された脳癌29歳の女性が、一月ほど前YouTubeで予告したとおり、薬によって死を遂げた。
癌が全てを奪う前に、威厳を持って自ら命を断ちたいという意志にもとづいて彼女が亡くなると、彼女を“勇気ある女性”と賛美する記事がいくつも目にとまった。
でも、私には彼女の選択を美化し、彼女が主張した“死の権利”を広めることは非常に危険なことと思えてならない。

癌の脅威は言われなくてもわかる。
病気の進行のみならず、抗がん剤、手術、放射線療法によっても痛めつけられる体のことを考えたら、恐怖で凍りついてしまっても無理はない。
とても美人で結婚したばかりの彼女が受けたショックと恐怖は相当なものだったのだろう。
でも、自分から死を選ぶことが勇気のあることになるんだろうか?
彼女は自殺ではないと言ったけれど、どこが違うんだろう?
私たちは自殺する人たちに同情こそすれ、勇気があったなどと賛美はしない。
神風特攻隊や、忠臣蔵のように、他のために死を選ぶのなら別だけど、癌が怖くて死を選んだのは、希望を失ったからなのだろう。
勇気とは違う。
これは、恐怖に負けて、生きることを諦めてしまったとても残念なケースだと思う。

彼女の死を伝えるたくさんの報道の中に、同じ癌で、同じように余命宣告されながら、13年もサバイブしている人の記事があった。
彼に生きる力を与えてくれたのは家族であり、友人であり、そして信仰だったと言う。
余命宣告を受けながら生き延びている人は少なからずいる。自ら命を断ってしまったら、奇跡が起きる余地もない。

別の同じ脳癌と闘う女性は、「癌になってから自分は今迄以上に感謝の気持ちが増え、人の痛みが分かる人間になれた。癌闘病が、私を変えた。」と彼女に決断を翻すことを懇願した。
一見、過酷に見える癌闘病も、心の持ち方次第で祝福に変わる。

ジョニー多田という若い時の事故で四肢麻痺となり、今は世界中に車椅子を送るチャリティーをしているクリスチャンも、安楽死を選んだ女性になんとか自殺を止まって欲しいと説得した一人だけれど、彼女の話は、死んだら、誰もが天国に行くのではないということを思い出させる切実なものだった。

「死後の世界を変えてくださったお方はただ一人。イエス様だけが死を打ち破り、永遠の命への道を開いてくださいました。安楽死の薬は一時的な救済でしかありません。あなたの痛みや死を変えることのできる唯一の御方に心を開いてください。貴方の決断、致命的で、最悪、絶望の極めとなる結果を、どうかもう一度じっくりと、長い目で眺めてみてください。」

死後、目を開けたら、そこは喜びも愛もない、神のいない闇の世界だったとしたら。。これこそ悪夢!

この世に生まれるのも、この世を去るのも、決めるのは創造主、神様の仕事。
どれほど長く生きるかではなく、与えられた時間をどう生きるかが、私たちに与えられた課題。
耐えられないと思える災いも、苦しみも、イエス様と一緒なら耐えられる。
死の向こうにも希望がみえる。
死の影の谷を一緒に歩いてくださると約束してくださった神様がおられるのだから、死にたいと思っても死んだらいけない!
最後の息をひきとるまで、イエスという希望を見つめて、私たちをとてつもなく愛してくださる神への感謝を持って生きなければ!

4 thoughts on “安楽死を選んだ脳癌女性のこと

  1. わたしも彼女の取った行動は安楽死という名の自死だと思います。
    さらにあのように世界中に公表することで、影響を受ける人がどれだけいるか考えが及ばなかったのが残念です。
    「自分の死ぬ時だって、神は最もよい時をえらんでくださるにちがいない。死に方も、死に場所も、わたしを愛してくださる神は、わたしのために、一番よいようにしてくださるのだ。」三浦綾子「生きること思うこと」

    あれ程、病いだらけだった三浦綾子氏の生涯をこのように変えてくださる方を知らずに生きることの虚しさを覚えました。

    しかし、報道のあった同じ日のテレビ朝日報道ステーションで、19歳で脳腫瘍を患い、余命宣告も受けたアメリカの女性がバスケットの試合に出ている姿にすごく、感動し、慰められました。

    闇が濃くなればなるほど、光は輝きます。あなた様の主と共に生きる姿にも励ましを受けています。

  2. Midori様
    三浦綾子は私が尊敬する作家の一人です。彼女の言葉、そしてもう一人の19歳末期脳癌女性のことも教えてくださってありがとうございました。さっそく彼女の記事とyutubeを見てみました。感動して、涙がでました。彼女こそ勇気あるヒーローです。彼女が1日でも長くバスケットを続けられるように、彼女の上に奇跡が起きることを祈らずにいられません!私への励ましの言葉も心より感謝いたします!

  3. kazuyo様、彼女の動画が観られるサイトを教えていただけますか。
    今、インターネットラジオを聴いていたら、彼女のために特別な試合があると聴き取れたような気がしました。情報を知っていれば教えてくださいませ。

  4. 11/7にシンシナティ大学のエキジビション試合に招待され、名誉章を受けたようです。
    11/2に彼女のために特別に繰り上げられた大学トーナメントのビデオはこちらからご覧になれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *