突然にイスラエル旅行

いつか行きたいと夢にみていた聖地イスラエルに、2月18日から10日間行くことになった。

イスラエルは、聖書によれば、「乳と蜜の流れる土地」として、紀元前約2000年、神がアブラハムに与えた地。この土地から、アブラハムの子孫が夜空の星のように増えていくことを、神は約束し、それから2000年後、救世主イエスが生まれた。

なのに、この国は建国から今にいたるまで戦火が絶えない。おまけに私は抗がん剤続行中だし、夢の旅行話が具体化することはなかった。

それが、先週、ジョージと同じように牧師をしている義理の弟夫婦から、彼の教会でイスラエルツアーを計画しているけれど、空席があるから一緒にいかないかい?と誘われた。

今年の3月で結婚20年の節目を迎える記念にイスラエルへ行けたらいいね、と、幾度となく話してきたジョージと私は、予期せぬ誘いにびっくり!

このツアーを毎年恒例行事として続けていると言う義弟によれば、緊張している危険な場所はごく一部に限られているから、そこさえ避けたら、あとは、何も問題がないと言う。

「何度行っても、感激して、心が洗われるよ。」

「イエスの最初の奇跡、結婚式場で水をワインに変えた場所、カナでは希望者に結婚の誓いを立て直す式を施すんだ。20周年記念を迎えるなら、二人も誓いを立て直したら良いよ。」とまで言われ、ジョージと顔を見合わせる。

「これホント?夢じゃない?信じていいの?」

「棚からぼたもち」「渡りに船」とは、このこと。旅行費用はコツコツと貯めてきたし、ジョージも休みが取れると言う。問題は、抗がん剤を受けてる私の体。

さっそく主治医にメールで相談してみた。

「すばらしいじゃない!二回目の点滴が旅程と重なるけど、帰国してからにずらせば良いから、行ってらっしゃい。」と、うれしい返事がもどってきた。

それでも、29日から始めるパージェタの副作用が気になってなかなか決断がつかない。向こうで体調崩したら嫌だし、と思いつつ人とこのイスラエル行きの話をしていると、気持ちがどんどん「行く」という方向に傾いて、こんなチャンスは2度とないと、ついに行くことを決定!

そう決めたら、うれしくて、副作用の心配もどこかへ飛んでいってしまった。

聖地を訪れたら、癌完治の奇跡も起きるかもしれないーーそんな希望さえも湧いてきた。

こんなに突然、簡単にイスラエル旅行が実現するなんて、これも神様からのギフトとしか思えない。

神様はいつだって素晴らしい!

3 thoughts on “突然にイスラエル旅行

  1. 本当に素晴らしい! 20周年のこの年になんてビッグなプレゼント!こんなチャンスを逃すことはありません。
    KathyさんとGeorgeおふたりの力を改めて感じました。

  2. びっくりしました!
    ずっと前から「行きたい」とおっしゃっていた旅行、それがこんなピッタリなタイミングで偶然チャンスが訪れるなんて。まるで神様がすべてご存知の上でお膳立てしてくださったような展開ですね!
    まさにギフトです。

    きっと一生の思い出に残る素晴らしい旅になると思います。
    お二人の幸せなニュース、とても嬉しかったです。
    楽しんできてくださいね。

  3. 去年お話していた20周年イスラエル旅行が決まって本当に
    良かったですね!神様がやはりbaumさんには一緒に居るんだと実感しました!気を付けて行って下さい!20周年心より
    お祝い致します!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *