T-DM1を減量

T−DM1を延期して一週間後、血小板の値が回復していることを期待して再び血液検査をした。

結果は87。一週間前は71だったので、確かに改善はされた。点滴に必要な75という限度も越えた。でも、もうちょっと延びて欲しかった。

主治医から、点滴量を減らそうかと思っているけれど、ドクタースレイマンは何と言った?とメールが来た。

ドクタースレイマンとの予約は延期になってしまったことを伝え、それでも私も減量に賛成です、と返事。

それで、今週の点滴は162.3mgになった。前回のが194mgだったから、これは約83%。医師やいつもアドバイスをいただくドクターMさんによると、80%ぐらいまでなら減量しても効果に影響は出ないらしい。

でも、血小板の回復が遅いので、やっぱり血小板の値はまた下がるんじゃないかという気がしている。

そうしたらどうするんだろう?

もっと減らすのか、また点滴お休みすべきなのか?それともT−DM1をあきらめるのか?

ここらへんもDr.スレイマンの意見が知りたい。

神様、ドクタースレイマンが一日も早く、もとの健康を取り戻せるようにお導きください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *