脳も異常なし!

まもなく夜の11時なのに、病院からメールが来た。

病院からのメールにはただ、「医師からのメッセージ」とあるだけなので内容はあけるまでわからない。

血液検査はすんでるし、ちょっと早いけど、先週金曜日に取ったMRIの結果? そう思ってあけたらやっぱりそうだった。

「グッドニュースです。MRIの結果は6月のものと変化はありませんでした。異常なしです。」

よかったーーー!

依然悪い頭痛が続いているから、心配だった。そうなると、この頭痛、風邪のせい?だとするともう一月近く風邪が抜けてないことになる。

それとも副作用? なんだか副作用の可能性が高いような気がしてきた。でも、胸も頭も大丈夫とわかって、この分だとT−DM1はまだ効果を発揮している可能性も高いかもしれない。次のCTスキャンで肺の小瘤が消えているのを確認するまではなんとも言えないけれど、朗報は朗報!

こんな遅くなのにメールをくださった医師に感謝!そして神様に感謝!

One thought on “脳も異常なし!

  1. Kathy さん、はじめまして。ロッキングチェアと申します。

    2005年2月、早期の充実腺管がんで左温存手術と放射線治療の後、ノルバデックスを内服しましたが、3年経たずして両肺多発、骨多発、縦隔リンパ節等の転移が判明しました。以来ハーセプチン、ゾメタ、ホルモン治療薬を全て経験後、タキソテール、ナベルビン、ECを経て、今年の1月からフェソロデックス開始、ハーセプチンを再開、顎骨壊死の副作用出現のため、ゾメタは中止して治療継続中です。

    ブログ村等には登録しておりませんが、私も「ロッキングチェアに揺られて」というブログを4年ちょっとの間綴っています。既に薬の効きが悪くなっており、パージェタやタイケルブ+ゼローダへ治療変更を考えていましたが、フルタイムで働いていること、受験生の息子がいることなどから副作用を考えて、年明けにT-DM1が使えるようになるのを粘りながら待ちわびています。

    そんな時、既にT-DM1をお使いでいらっしゃるKathy さんのブログを見つけました。お住まいのロサンゼルスは1990年に結婚式を挙げた思い出の場所でもあります。これからも拝読させて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *