イエスのところにおいで

上向きにひっくり返って起き上がれなくなった羊を、根気づよく時間をかけて助ける羊飼いのビデオを見た。

このビデオの中の羊は、上向きにひっくり返ってしまっただけで足が麻痺して動けなくなっており、このまま助けてもらえなければ、じきに死んでしまうのだそうだ。羊は強情なのに、臆病でか弱くて、すぐに病気になったり、野獣に襲われたりするらしい。だから、羊飼いの仕事は大変な労がかかるらしい。
聖書の中で、人間と神との関係は、そんな羊と羊飼いに例えられている。

ジョージが教えてくれたこの歌を聞きながら,起き上がれなくなった羊を一生懸命助けようとする「偉大な羊飼い」である神様のことを思った。

Come to Jesus

(イエスのところにおいで)

by Chris Rice

 

Weak and wounded sinner

弱り果て、傷ついた罪深い者

Lost and left to die

迷い果て、取残されて死んでいく

O, raise your head, for love is passing by

顔をあげてごらん、愛がそばを通るから

come to Jesus

イエスのところにおいで

come to Jesus

イエスのところにおいで

come to Jesus and live!

イエスのところに来て生きるんだ

 

Now your burden’s lifted

今あなたの重荷は担がれ

And carried far away

遠くに運び去られた

And precious blood has washed away the stain—-so

そして尊い血が汚れを洗い流した—————だから

Sing to Jesus

イエスに歌を

Sing to Jesus

イエスに歌を

Sing to Jesus and live

イエスに歌を捧げて生きるんだ

 

And like a newborn baby

小さな赤子のように

Don’t be afraid to crawl

はうことを恐れてはならない

And remember when you walk, sometimes we fall—so

そして、歩く時、私たちは時に転ぶ事がある。——ならば

Fall on Jesus

イエスの上に転べ

Fall on Jesus

イエスの上に転べ

Fall on Jesus and live!

イエスの上に転んで生きるんだ

 

Sometimes the way is lonely

道が寂しくて、

And steep and filled with pain

険しくて、苦痛で一杯なときがある

So if your sky is dark and pours the rain —then

そして、もしあなたの空が暗くて、雨が降り注いでくるならば

Cry to Jesus

イエスに泣き叫べ

Cry to Jesus

イエスに泣き叫べ

Cry to Jesus and live

イエスに泣き叫んで、生きるんだ

 

O, and when the love spills over

そう、愛が溢れて

And music fills the night

音楽が夜を満たす時

And when you can’t contain your joy inside—then

喜びを抑えきれない時は

Dance for Jesus

イエスのために踊れ

Dance for Jesus

イエスのために踊れ

Dance for Jesus and live

イエスのために踊って、生きるんだ

 

And with your final heartbeat

そして最後の鼓動と一緒に

Kiss the world goodbye

この世界にお別れのキスをし

Then go in peace, and laugh on glory’s side—and

それから心安らかに旅立ち、栄光の側で笑え、そして

Fly to Jesus

イエスのところへ飛び立て

Fly to Jesus

イエスのところへ飛び立て

Fly to Jesus and live!

イエスのところへ飛び立って永遠に生きるんだ

訳:和世

One thought on “イエスのところにおいで

  1. こんにちは。
    最近になりまして、拝読させていただいています。
    日本語と英語の両方を読ませていただいています。

    中高をキリスト教の学校で過ごし、心にしみこんだ言葉を久しぶりに思い出しています。がんになりましたことはとても悲しいことですが、それでも前を向いて歩いていこうと思います。

    これからも、どうぞお健やかにお過ごしください。
    毎回読ませていただきます。

    Kyoko

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *