副作用に負けず家族旅行

夏になってやっと止まったと思った鼻水がまたぽたぽたと絶え間なく落ちるようになった。何度も鼻をかんでいると、じきに鼻血がクリネックスににじみ出す。パクリを始めてからまた脱毛して、髪の毛どころか、眉毛もまつげもないのに、目の下には黒いシミがうきあがり、今度は鼻孔の入り口もひりひりと赤くなってきた。

鏡に映る火星人のような顔に向かって、

「♫ 真っ赤なお鼻のトナカイさんは、いつも皆の笑い者。。。♫♫」と指をさして歌ってみた。

金曜夜から土曜日丸一日は、やたらと眠くて、何をする気もおきず、ひたすら眠った。足が重くて、ひざを曲げようとすると足がパンパンになって。。。あれもこれも、全てパクリの副作用。

癌になってから3度目の誕生日(10/21)を、また今年も家族旅行で楽しもうと計画しているのに、こんな状態で大丈夫だろうかと、心配だった。

ところが、日曜日の夜に教会でウクレレのコンサートがあり、”How are you?”と次から次へと問いかけてくる皆に、笑顔をやっとの思いでつくりあげていたのが、演奏が始まって、一緒に歌を歌いだしたら、次第に元気が湧いてきた。気がついたら、手拍子を取りながら、お腹の底から思いっきり声を出して歌っていた。そして、コンサートが終わったときは、すっかり元気を取り戻していた。

副作用のピークを乗り越えた模様!

California Weekend Gateway HPより

旅行出発は木曜日、ESL聖書クラスの後。行き先は我が家のあるTorranceから東へ約2時間半走った山のリゾート地Idyllwild。

息子たちは金曜日においつくことになっている。前日の水曜日は点滴の日だけれど、偶然にも今週パクリはお休みで、ハーセプチンだけだから、このまま副作用は下り坂のはず!

Idyllwildにはハイキングのコースがいくるもあるらしく、はたして、この重たい足でどこまで歩けるかは疑問だけど、少なくとも、皆の食事の支度ぐらいはできるだろう。ゆったりとした、広く、きれいなキッチンで料理をするのは、貸別荘を宿泊先として選ぶ、私にとっての楽しみの一つ。

来週25日には再びCTスキャンが予定されており、どんな結果がでるかと、これもまたハラハラ気になるけれど、とりあえず、旅行から戻る月曜日までは考えない。

神様が創造された美しい自然の中で、大好きな家族と一緒に過ごすこの週末がいよいよ近づいて、あーっ!うれしい!

\(^O^)/

 

2 thoughts on “副作用に負けず家族旅行

  1. いつも勇気をいただいてます。

    とっても綺麗なところですね!
    全然知りませんでした。
    Lake Arrowhead とか Big Bear の手前でしょうか?
    思いっきり楽しい休日をお過ごしください。

  2. わ~~!すごくいい景色!天気も良くて最高のドライブになりましたね。
    何よりも大好きなご家族で過ごされる時間。
    最高ですね!^^
    どうか体調良く、楽しく過ごされることを祈ってます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *