「お父さんありがとう。」

今まで父の日の主導者は私だった。でも、私が癌になってからは、息子たちが積極的に動いてくれるようになった。

明日の日曜日は義父を訪ねる予定なので、1日早く、16日の今日、ジョージのための父の日のお祝いをした。

ジョージのリクエストでスペアリブのBBQ。息子二人と、義娘の3人で、デザートまで盛りたくさんの料理を用意してくれ、私は全てお任せで、キッチンから遠ざかっていた。

父親を喜ばそうと、喜んで料理をする3人を見て、私もとてもうれしかったけれど、ジョージの喜びはもちろん私以上。

私がジョージと再婚したとき、幼かった息子たちは片言の英語しかできなかったのに、水を吸い込むスポンジのようにジョージになついていった。

英語習得、学習障害、反抗期、進学、就職、そして巣立ち、結婚。文化の違う子育てでは、何度夜を徹して二人で話し合ったか分からない。様々な不安を乗り越えて、親孝行な二人に育ったのは、一重にジョージの努力と、神様のお陰。

「尊敬できる父を持って幸せ。。。」と書かれたカードを何度も見て、ジョージが目を赤くしている。

心がジンとして、こんな素晴らしい家族に恵まれた私も、癌の嵐の中にいてもとっても幸せと思った。天のお父様ありがとう!

ジョージと子供たち

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *