明日から小旅行

聖地イスラエルに行ってみたい。

母が教会の旅行でイタリアに行くと言っていたけれど、それなら私もイタリアに行って、母と合流するのはどうだろう?

日本にも帰らなきゃなあ!

年取りすぎる前にハワイでスノーケリングもしたいなあ!

今年の夏には治療も終わるだろうと期待していた私は、全く何が待ち受けているかも知らず、いろいろ楽しい空想をしていた。

復活祭まではジョージが忙しいけれど、それが終わったらとりあえず休暇を取って、どこかに小旅行に行こうと話をしていたのに、転移騒動で、そんな話はとたんにたち切れ。

新しい治療薬のパクリが加わってからは、点滴も毎週になり、旅行の「り」の字も出なくなった。

それが、思わぬ下痢で、治療が中断すると、「シメタ!」と、再び旅行への願望が持ち上がった。

残念ながらこの週はジョージの都合がつかなかったのだけど、これをきっかけに、旅行の日程を6/1から6/4と決め、いろいろどこへ行こうかと考えていた。

結局ロスから北に車で6時間ほど走ったところ、サンフランシスコからなら南へ2時間ほどの、海沿いの小さな町、カーメルに行くことに決めた。

私は、キッチンがついていて、隣部屋や上階の音を気にしなくてよい貸別荘がホテルよりも落ち着けて、いつもお気に入りなのだけど、ジョージが家主に私が癌闘病中であることを告げると、いたく同情してくださり、なんと一晩余分に宿泊を許可してくださった。

「癌寛解を祈って、私からのプレゼント。よかったらどうぞもう一晩泊まってください。」

ウソー!ホント?信じられない!うれしい!

これを恵みと呼ぶんだよね。

明日午前中はESL (英語を外国語とする人たちを対象とした)聖書クラスの日なのだけれど、クラスが終わり次第出かけることに決めた。

到着するのは午後の7時を回るかもしれないけれど、夏時間の今は8時頃までは明るいから、道に迷うこともないだろう。

幸い下痢は止まっており、体調はまずまず。

美しい景色の中で、ゆっくり心も体も休ませてくることができますように。

行って来まーす!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *