April 19th, 2012

元気百倍でアムトラックの一人旅

聖書の力

火曜日は毎週聖書勉強会の日。

ジョージの指揮で今は旧約聖書について学んでいる。

旧約聖書は紀元前約1400年から紀元前400年までの間に様々人々によって書かれたとされる39冊の本から成り立っている。

アダムとイブの話を含む天地創造から始まる、イエス生誕以前のイスラエルと神との壮大な歴史が、詩や物語、訓戒、おきて、そして神からイスラエルへの予言等と共に書かれている。

聖書を読んでいると、創造主から離れて自分勝手に生きることを求め、迷路に迷い込んだ私たちを救おうと追い求める絶えることのない神の愛が、一貫として流れているように感じられる。

クラスが終わったとき、私の信じている神様は本物だと思ったら、泉のように、内からモコモコと力が湧いてくるような気がして高揚した。

まるで、体の中に火が灯されたような気がして、一瞬、「私は癒された!」と錯覚するほどだった。

以来、まだ次の抗がん剤も、いつから始まるかも決まっていなくて、日中は病院に電話をかけまくり、メールを送りまくっているのに、心には自分でも驚くほど平安がある。

私の命は抗がん剤に頼っているのではなくて、神様に頼っていて、その神様は天地を創造された方で、私を愛してくださっている。

転移の知らせで先週はひどくノックアウトされたけれど、忠実な神様はまたも私を抱き起こしてくださった。

神様と一緒だと、こんなにも心は晴れ晴れとするものなんだろうか!聖書の力って凄い!

夜汽車の冒険

本当は今日からジョージと一緒に結婚式のためサンタバーバラに2泊の予定ででかけるはずだった。

でも、明日の午後4時過ぎに腫瘍科医との予約が入り、予定変更。

ジョージは結婚式リハーサルをとりもたなければならないので、明日の朝車で出発する。

私はーーーー私は病院が終わったらアムトラック(長距離電車)で後から追いつくことにした。

ロスに住んで20年以上経つのに、アムトラックに乗った事はまだ一度もない。

今回が始めて。それも一人で、夜に!

長男にダウンタウンLAにある駅まで送ってもらって、約2時間半の旅。

夜になるので、景色は楽しめないけれど、始めての冒険に心はワクワク!

神様はいつだって素晴らしい!