風邪にも負けず感謝祭

アメリカの11月第四木曜日は感謝祭。

数日前から咳や鼻水、そのうち頭痛まで始まって、あわや今年は七面鳥なしの感謝祭になるところだった。

前日、頭にはクモの巣でもはったような気分。エネルギーのバロメーターはすっかり低下してしまい、なんとかベットから這い出すと、化粧をする気にもなれず、すっぴんのまま、鼻の下を赤くして、注文していた生の七面鳥をスーパーに取りに行った。

いつもなら、感謝祭の当日は、6時起きで七面鳥を焼くのだけれど、いったん横になったら、もう起きれなくなっちゃうんじゃないかという気がして、とにかく、できるところまで料理を始めておこうと思った。

ジョージにとって、感謝祭の七面鳥料理は、日本のお節のように、生まれたときから欠かしたことのない、大切な伝統料理。集まるのは私たち夫婦と子供たち合わせて5人だけであっても、七面鳥なしの感謝祭なんて、考えられない。皆とてもがっかりしてしまう。

解熱剤とビタミン剤を飲んで、マスクをし、鼻水を拭き拭きがんばった。

ジョージが心配して、今は亡きペギーおばさんが教えてくれたという、民間療法、ブランディー、ハニー、レモンの入った紅茶をつくってくれる。

飲んだら、たちどころに胸が暖かくなって、即効果あり!

そのうち、嫁のピンキーからメールが入って、次男の聡も風邪で、仕事早退して夕方から寝込んでいると知らせてきた。

ブランティーティーがいいから試してごらんと返事をし、ジョージには、翌朝、万が一起きれなかった場合は、用意のできた七面鳥を朝7時にオーブンに入れてね、と頼んで早々に床についた。

朝になったら、ジョージのつくってくれたブランティーティーがよかったみたい。予定通り6時半に起きることができた。

よかった!と思ったのも束の間、そのうちひどい声で、聡から電話が入る。

彼の方はダメらしい。

あらあら、そうなると、来れるのは長男の亮だけ?

5キロ近い大きな七面鳥と、たくさんのお料理を無理して用意しているけれど、今年はたったの3人きりの感謝祭になっちゃうのかなあ?

ジョージは、今日は中止して、土曜日に変更しようかとまで言い出した。

でも、もう半分以上つくっちゃったし、土曜日はまた誰がこれるかわからないし。。

残念だけど、このまま遂行して、ピンキーにお料理だけ取りにきてもらおう。

そう思っているうち、また聡から電話で、薬を飲んだら少しよくなったので、がんばって来ると言ってきた。

というわけで、12時には、なんとか全員集合。伝統を破らず、今年も七面鳥を囲んで、皆で感謝の言葉を分かち合うことができた。

 

私の一番の感謝は、もちろん、今年も癌に負けずに感謝祭を迎えられたこと。

そして私を絶え間なく支援し続けてくれる、家族や友人、医療関係者たち。

夏の楽しかった母や従姉妹たちとの旅行。

最良の健康保険を与えてくれた職場。

「辛いときこそ、感謝を数えることが大事。それが幸せを呼ぶカギだから。」ジョージの言葉に大きくうなずいて、皆で揃っていただいた七面鳥は、今年もとってもおいしかった!!

神様はいつだって素晴らしい!

2 thoughts on “風邪にも負けず感謝祭

  1. 風邪が流行っているんですね。体調が悪い中、感謝祭の準備お疲れ様でした。
    Kathyの七面鳥、懐かしい!!ああーーー、食べたい!!
    あれからもう1年経つんですね。
    感謝祭。。。。仕事と家事で余裕ない毎日を送っていて、すっかりおろそかになってたけど、本当は毎日いろんなことに感謝しながら暮らしたいですね。
    George先生の「毎週1日、感謝する日をつくる」って教え、思い出しました。

  2. ちなみです!!
    ご無沙汰してしまいすいません!
    バタバタとしていますが、こちらは元気に暮らしています!
    無事に感謝際を迎えれてよかった〜!
    中々、顔を出せませんが、、、
    いつもお祈りしています!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *