生アーモンドが癌を治すってホント?

生アーモンドを日に30−50個食べると癌が治る。という説が「がんの特効薬は発見済みだ!」(岡崎公彦著)という最近出版された本の中に書かれていた

本を書いた岡崎医師は、生アーモンドに含まれるベンズアルデヒドという有機化合物が癌をやっつけると説明する。

本当かなあ?と、さっそく検索してみた。

 ベンズアルデヒドを含むのは食べられないアーモンド

アーモンドには食用の甘いものと、スキンオイルに使用される渋いものと2種類あるそうだが、ベンズアルデヒドが含まれているのは食用ではなく、スキン用の渋い方のアーモンド。このアーモンドが口の中で砕かれると、アミグダリンという物質が分解されベンズアルデヒドになると言う。

ただし、アミグダリンが砕かれる時、ベンズアルデヒドと一緒に猛毒のシアン化水素(青酸)も生じるのだそうだ。

シアン化水素は殺人小説の中にも登場しているほどで、大人では渋いアーモンド20個,子供やペットでは少量でも呼吸困難におちいり死んでしまうというからびっくり!

アーモンドでは癌は治らない

これを理由にアメリカでは岡崎医師が薦めるベンズアルデヒドを含む生の渋いアーモンドは販売を許されていない。

メキシコではアミグダリンが癌治療薬として販売、利用されているというが、アメリカではこの毒性を理由に販売/使用が許可されていないほか、制ガン作用も証明されていないという。

市販されている甘いアーモンドは、もちろん安全で、LDL(悪質)コレステロールの値を下げ、心臓病や糖尿病の予防になる他、お肉の代わりのタンパク源となって、体重減少にも効果があるとのこと。優れた健康食品であることには間違いないが、ベンズアルデヒドは含まれていない。

生アーモンドを食べると癌が直るという説はもろくも消え失せ、岡崎医師は事実半分を「ガマの油」に織り込んで宣伝していることになる。癌の代替療法はいくつもあるが、癌を治す前に命を落としかねない危険なものも多いような気がしてきた。

人を助けるべき医師がなぜこのような、初心者でも分かるような嘘を本にするんだろう!?本の中には、さらに怪しい民間療法も紹介されていたけれど、医師が苦しんでいる癌患者を食い物にするなんて、こんな危険な本は即発売禁止にすべき!気をつけよう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *