乳がんと甲状腺疾患の関係

血液検査の結果、甲状腺の機能が弱いと言われた。
甲状腺機能低下症。
生命に危険を及ぼす病気ではないけれど、薬を飲み続けなければならない慢性病。
確かに、ここ最近、疲れやすく、体重も再び増え始めたなと思っていた。鏡をみるたび、皺も増えてきて、「おばあさんになってる。。」と気分が沈むけど、甲状腺の機能が弱くなると、老化が進むんだそうだ。

私は10年以上前にも一度甲状腺機能低下症と診断されたことがあるのだけれど、奇跡が起きて、そのときは1年もしないうちに完治。
それがまた悪くなってしまったなんて、乳がんと関係があるのだろうかとネットで調べたところ、確かに乳がんをやった人が、甲状腺機能低下症にかかるケースは多くあるといくつも報告があった。でも、逆に、甲状腺機能低下症と診断された人は、乳がんになりにくいという報告も。これは、甲状腺の治療が乳がんの予防にも役立つということなのかもしれない。

甲状腺機能低下症の原因の多くはヨードの不足だそうで、このヨード不足が乳がんの原因にもつながっているとも考えられるらしい。ただし、ヨードの摂取をサプリなどで増やしても、かえって症状を悪化させてしまう場合もあると注意書きがあった。

放射線療法を受けたけど、その後遺症だろうかとも思ってみたけれど、たしかにその可能性も否定できない模様。

要は、乳がんと甲状腺の間には、なんか関係があるらしいが、まだはっきり解明されていないということ。

原因がなんであれ、また一つ問題が増えてしまった。

甲状腺が悪くなると、心臓、肝臓、皮膚や、胃腸にも影響がでてくるとあるので、これが、抗がん剤の副作用を悪化させなければよいけれどと思う。

明日は出血の原因を調べるための腎臓と膀胱の超音波テスト。胸の超音波テストはシロ星で、血液検査は黒星。明日のテストは再びシロとなりますように!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *