タイケルブを一時停止

昨夜ブログを更新しながら、医師が、タイケルブがあうかどうかを調べられるなら、なぜ私はあえてリスクを負うのだろうと疑問がわいた。それで、主治医にさっそくEメール。夜の10時をまわっていたが、返事がきて、結局アレルギーの専門医の意見を聞くまでタイケルブを一時停止することになった。でも、タイケルブにアレルギーがあるかどうか、検査で調べられるかどうかはわからないという。

自分で言い出したことなのに、いざ止めてもよいと返事がきたら、(いや、止めちゃうと癌が大きくなっちゃうかも。。)とか、(専門医に会っても、検査する方法がなかったら、結局 怪しいということだけで終わってしまうのかもしれない)とか、また別の不安が湧いてくる。

アレルギーの専門医との予約は1週間後の木曜日。

サプリよりも野菜や果物

今夜は病院が主催するサプリの勉強会に行って、「抗酸化作用があると言われるビタミン剤は癌予防にならないばかりか、逆に害を引き起こす場合もある」というびっくりする話を聞いてきた。癌予防には、サプリではなく、抗酸化作用のある野菜やくだものを取るほうがはるかに効果的ということだった。でも、私はそのくだものや野菜をしっかり食べてきたはずなのに癌になっちゃった。

治療が停滞して癌が成長しはじめると嫌だから、放射線療法からしばらく飲んでいなかったアサイベリージュースをまた飲み始めようと考えていたけど、これも抗酸化作用があるとうたっているサプリ。果物だから今夜の話とは違うかと思ってもみるが、やっぱりただの気休めかも。。

結局、またイエス様にしがみついて乗り切るしかないようだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *