放射線初日、最悪のスタート

下痢、頭痛、湿疹

いよいよ放射線が始まるという日の朝、腹痛で目が覚める。トイレにいくとなんと、克服したと思った下痢がまた始まってしまった。

そして、体中に麻疹のような発疹があるのにも気がついた。——タイケルブのせいだ!すぐに直感。

下痢で食欲はなく、その上、寒気がして頭も痛い。リンパ水腫の腕は虫さされにさえ気をつけろと言われているのに、こんなに湿疹がでてしまって大丈夫だろうか? スリーブを着用すると、チクチクしてかゆみが襲ってくる。放射線でリンパ水腫は悪化するかもしれないのに、これじゃあスリープも着用できない。

最悪!とりあえず、解熱剤で熱を押さえ、バナナ、おむすび、お茶を用意して出かける。

入れ墨は痛い!

放射線技師の人達が私の真っ赤な灰をかぶったような体をみて、皆びっくり同情してくれる。それでも放射線は受けなければならない。昨日はCTをとったが、今日はレントゲンをとって、放射線を受ける位置を測定。体に入れ墨でマークが入る。最近、アメリカでは猫もしゃくしも入れ墨ブームだけど、あんな痛いもの、どうして皆よろこんで体に入れたがるのだろう?私にはとても理解できない。

入れ墨が入ると、いよいよ放射。熱っぽい体に部屋の空気は冷たく、ぶるぶるとふるえるが、動いたらいけないと言われ、放射線が癌だけを焼き切るように、他の臓器に害が加わらないようにと、寝台の上でひたすら祈り続けた。

肌を守るアロエジェル

放射線から肌が焼けるのを守るために、アロエ100%のジェルを1日数回塗布するのがよいと言う。病院内の薬局で買うべきだったのを、家の近くの薬局でもあるだろうと思ったのが間違いだった。2件回っても、100%のアロエがみつからない。3件目でやっと購入。

夜は再び救急棟へ

家にたどりついたころには、再び熱が上がってしまい、食事もとらずにベットへ直行。医師からタイケルブを一時中止するようにと言われたのはよかったが、夜になってさらにかゆみがましてきたので、手持ちのかゆみ止めを使ってよいかどうか尋ねるため、24時間ナースサービスに電話。すると、私の状況は複雑するぎるので、救急病棟へ行けと言われる。結局、ただのかゆみ止めの許可を得るだけに、3時間も救急病棟でくぎづけ、帰宅したのは夜中の2時をとうに回ってしまっていた。

もう、呪われているような、さんざんな一日だった。

2 thoughts on “放射線初日、最悪のスタート

  1. 頑張れ、頑張れ。(泣)
    最悪なスタートならば、最良なゴールが待っているはずです。

  2. つらいときは泣いてください。
    いっぱいいっぱい泣いてください。

    そしてゴールにたどり着いたら、また笑顔を見せてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *