ナべルビン開始

新抗がん剤開始の朝

2つのメールを見つけた一つはサムとロイスから“チョロキーインディアンの伝説”が、そして我が家に掃除に来てくれ、手術の前の日曜日には、教会で会衆に手術の成功の祈りを呼びかけてくれたPat(パット)からは、彼女の友達が「3Day Cancer Walk (乳癌撲滅のための3日歩行大会)」に、私の名前を背中に付けて参加してくれるという知らせを受けた。

私も数年前、当時乳がんと闘っていたジョージの同僚の名前を背中につけてレブロンマラソン大会に参加したことがある。

今度は他の誰かが私のために歩いてくれる…

思ってもみなかったことに、感激!

今日まですでに多くの励ましを受け再び士気を高めていたけれど、朝の二つのメールにスピリットは100%高揚、抗がん剤療法再挑戦に出かけた。

出だしは順調

前回の3種点滴は3時間もかかったのに、今回の点滴はわずか10分で終了。

吐き気止めのステロイドもなければ、白血球値を上げる注射も今はまだなし。

主な副作用は血球数低下の他、便秘と手足指先のしびれだと看護婦が言う。

ナべルビンは第1日目と第8日目に受け、1週間お休みというサイクルで、6ヶ月継続予定。

回を重ねるうちに副作用も強くなっていくのだろうけれど、出だしは順調。

今週末はジョージの従姉妹長女の結婚式だけど、この分なら私も参列できるかもしれない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *