いよいよ手術

朝10時外科医訪問。

膀胱炎が明日の手術に影響を与えるかどうかを確かめると、土曜日から抗生物質を取り始めたなら問題なしとのこと。

依然めだつ左足の浮腫については、片方の足だけが浮腫んでいるとなると血栓があるのかもしれないから、超音波で調べてみましょうと言われる。

血栓ができる理由はいろいろあるが、癌を持っているとそのリスクが高くなるらしい。

血栓があった場合、治療のために血を薄める抗凝血剤をとらなければならず、そうなると少なくとも24時間は手術延期となる。

心電図にも異常がないことを確かめた後、超音波検査。

結果は異常なし!

さあ、これで明日の手術が確実となった。

明日の私は一番手。朝5時15分に入院。手術は朝7時頃から2時間−2時間半の予定。

何も問題がなければ退院は翌日。絶食は今夜真夜中の12時からと言われた。

乳房全摘を感傷的に思う事もあったけれど、このピンク色になった肌の下には恐ろしい癌がひそんでおり、抗がん剤も苦戦している可能性があると知った今、私の心は100%手術を歓迎。

大勢の人が私のために祈ってくれている。

その祈りに背中をおされ、明日、外科医がバッサリと憎い癌を切り落としてくれることを願って、いざ出陣!

4 thoughts on “いよいよ手術

  1. 4ヶ月前の自分の時の事、思いだします。私も7時15分チェクインはやっ!!なんて思っていました。当日は何もかも初めての事であれよあれよな感じで旦那様とBY-BY。そこからもまたあれよあれよな感じでされるがままでした。大丈夫!!
    寝てる間に終わります。

  2. 私も今年一月に乳がんの手術を受けました。今はすっかり元気になって職場復帰も果たしています。
    大丈夫ですよ。お祈りいたします。

    “主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。   詩篇121:7”

  3. 皆様の応援、お祈りに深ーく感謝いたします!神様がたとえ死の谷を歩くときも私と一緒にいてくださることを信じます!本当にありがとうございます!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *