たかが膀胱炎、されど膀胱炎

CTスキャンの結果が異常なしとでたものの、利尿剤を止めると、残尿感があるどころか、排尿のそのものが困難になってきているようで、これはやはり早急に医師に診てもらった方がよい、 一般内科主治医と予約を取ろうと昨晩夜中起き上がり、 コンピューターの前に座る。

しかし、コンピューターに現れた予約表は2週間先まで空きがない 。今日土曜日は Urgent Careという病院の時間外応急診察所が夜7時まで開いているけど、妹や息子たちと、義両親が住んでいるTemecula(タメキュラ)まで2時間かけて遊びに行く予定にしてしまっている。

月曜日を待って医師を選ばない同日予約を取ろうかどうしようかと迷ったけれど、ジョージに、月曜日は外科医との予約が入っているから今日行ったほうがよいと言われ、彼の助言に従うことにした。

午後4時、予定より早めにTemeculaを出て帰り道Urgent Care に寄る。

病院では再び尿検査。

その結果、膀胱炎にかかっていると言われる。

また膀胱炎?!先週尿検査をしたときは異常なしだったのに。。それがこの癌かもしれないと大緊張した全ての原因?本当にそれだけ? なぜ最初の検査のときにわからなかったの?

半信半疑だけど、どうもうれしいことにそれだけみたい。でもこのままでは手術はできないと医師は言う。

膀胱炎を直さないと、手術でさらなる感染症を誘発してしまうという。

えっ?!と慌てて、手術は火曜日なのだけどという私に、医師は今から抗生物質を飲んだら大丈夫と、さっそくCiproを処方してくれた。

薬局ではこの抗生物質を1週間飲めと言われたので、はたして月曜日外科医は14日の手術についてなんと言うか、まだ油断ができないけど、病院へ行くのを月曜日まで待っていたら間違いなく14日の手術は延期になってしまうところだった。

今日病院へ行って本当によかった。

ぎりぎりセーフで14日の手術に臨めますように!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *