浮腫—利尿剤—カリウム摂取

抗がん剤療法では、心臓、肝臓、腎臓等への影響を絶えず警戒しなければならないらしい。

最近トイレにいってもなんとなく残尿感があり、左足が気のせいか少し浮腫んでいるようにも思ったので、水曜日腫瘍科医を訪問したとき、尿の検査をお願いした。

結果は異常なしだったのに、翌日になったらソックスやサンダルの後が残るほど浮腫がはっきりしてきた。

やたら口も乾いて、飲んでばかりもいる。

抗がん剤療法を始めて以来、味覚変化で食事がすすまないのにもかかわらず、体重が確実に増えているのも気になっていた。

でも、ついに5キロも多くなって、これはやはりおかしいと医師にさっそくメールを送った。

私のかかっているカイザー 病院の利点の一つは、医師といつでもメールで話ができること。

すぐに返事がきて、抗がん剤の一種Taxotere と副作用のためにとっているステロイドdecadronが浮腫を起こす事があると言う。

抗がん剤点滴は3週間に一度だけ。

ステロイド剤を飲むのも抗がん剤点滴の前後3日だけで、今まで3回の点滴で、このような症状は経験しなかった。

最後のステロイドをとってから3週間が経つのに、こんなに後になってから症状が現れるなんて、やっぱり薬が体に堆積しているのだろうか?

足を高くあげて様子をみるようにとの指示をうけたものの、症状は改善されないので、再度メールを発信。

今度は利尿剤を処方してもらった。

でも、この利尿剤も副作用があって、体に必要なカリウムの量が減ってしまうらしい。

数日中にカリウムの値を検査するようにと言われた。

カリウムを多く含んでいる食べ物をネットで調べてみる。

干しぶどう、バナナ、いちご、すいか、メロン、ほうれん草、アボカド、納豆、豆類、ナッツ、魚、ターキー、昆布、わかめ、ひじき。。。カリウムを含む食品は意外とたくさんある。

今週は14日の手術を控え、抗がん剤の投与も延期になったから、一生懸命これらの食品を料理に使ってみることにする。

バナナの絵がついた利尿剤

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *