乳房再建はなし

ジョージの運転する車でフリーウェイに乗って約40分、Downy Kaiserまで形成外科医に会うため出かけた。普通美容整形は保険がきかないけど、私のKaiser保険では乳房再建は例外。保険がカバーしてくれる。

乳房再建をする場合、しない場合の違い、再建方法のオプション、リスクについて話を聞いた。

二つある乳房が一つになると、不均衡になって姿勢が悪くなったり、肩こりが起きたりするとネットで読んだが、その心配はないと言う。

再建の一番の理由は心理的なものだそうで、どうせ再建するならと、サイズを一回り大きくする人もいるそうだ。

自分のお腹や背中の筋肉を移植する場合はそこに傷が残ること。

シリコンや生理食塩水バッグを埋め込む場合は何年か後にこれらを取り変える必要があること。

乳房切除の手術では、皮膚も切り取るが、最近は乳房再建の皮膚の移植に死亡したドナー や豚からの皮膚も使うようになってきたこと。

乳房切除の手術と同時に再建もした場合、 感染の確率がわずかではあるが、高まる他、その後で放射線療法を受けるようになった場合、 せっかく再建した乳房にダメージが起きて再度手術が必要になる可能性があること。

再建手術は5−6時間かかり(乳房切除は約2時間)回復までには約一月かかること。

その他、医師は私の胸のサイズやお腹の脂肪等はかりながら1時間ほども話てくれた。

もう年頃の娘でもないし、もともと小さな胸だし、なによりジョージが再建しなくても良いと言ってくれているから、 すでに再建はしない方向に気持ちが傾いていたけれど、やはり再建は大掛かりなようなので、とりあえず今度の手術ではしないことに決めた。

なくなった胸をみて、ショックが強かったら、またそのとき考えようと思う。

家にもどって、外科医と腫瘍科医に再建手術なし、14日で手術をしたいと確認のEメールを送った。

2 thoughts on “乳房再建はなし

  1. お久しぶりです。夏休みも残りわずかとなり新学期が目の前となりました。今年の日本の夏は強烈な暑さだったのに、ここはいつ夏だったのだろうと思うぐらい涼しいですね。和世さんはいよいよ手術を受けられるのですね。和世さんには大勢の応援団がついているし、すべてプラス思考で乗り切られますように。私も応援してます!

  2. こんにちは!初めまして私も、米国(North West)で乳癌の治療を、受けています。5月20日に、左胸全摘をしました。
    私も手術前にチーム医療の為、形成外科のDrにお会いして、お話を聞き、Drが再建するも、しないのも、何年か先にするのも、”私の自由だから”と言ってくださりその時は、乳癌の手術でいっぱいだった事もあり(あまり考えられなかった)お話だけにしました。手術後の病理の結果まで、抗がん剤、放射線、何の治療が必要かもわからないという理由もありました。
    再建方法はその時のお話で、早くて術後3ヶ月からで’私の場合、シリコン か 生理食塩水を入れるものしかないという事でした。
    結局、ホルモン治療のみという事になり、それまであまり考えていなかったのですが、先日、形成外科のDrにもう1度会いにいきました。
    特に、不便とかいう事は何もないのですが乳癌の告知を受けて
    手術までいろいろな思いがありましたが1人勝手に”ここから人生再スタート”なんて思い出手術に挑みました。
    なのでその思い、意味もあって再建しようと思いました。
    (うまく説明できてないかなぁ・・・?)
    まだこれからで(すべて終わるまで最低6ヶ月)また手術なので、新たな勇気が必要ですが
    今は頑張ろうかと思っております。
    これから、手術だそうですが、大丈夫です。リラックスです。
    お大事に!!またメールさせてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *